このページの本文へ移動
中小企業庁 新しいウィンドウを開きます令和3年度中小企業庁委託事業
メニューを開く閉じる

第6回セミナー
「働き方改革と企業経営」開催報告

開催概要へ戻る

講演2 「働く人が主役の日本一自由な会社を目指して」


講師:
株式会社エイチ・エス・エー 
代表取締役  田中 勉氏

企業が情報モラル、働き方改革に取り組む際のポイント

情報社会で適切な活動を行うための基となる会社規程を明確にする
訪問介護の仕事をしているため、個人情報の取扱いに注意しています。新入社員研修などの場で社員に徹底している他、相談窓口を設け社員の質問に答えています。

服務規律6-3 服務心得
服務規律6-4 機密情報管理に関する遵守事項
服務規律6-7 インターネット上への情報公開
服務規律14 教育訓練
(出典:株式会社エイチ・エス・エー会社規程から引用)
入社時 誓約書・新人研修
退職時 念書
相談窓口 雇用契約書:相談窓口(人事部)

企業が人権啓発に取り組む際のポイント

自由に選択できること、民主主義に則り合意プロセスを大事にすること、経営者が規則や理念を提示して、経営者も従うことが人権啓発の原則としています。問題があれば、話し合って規則を修正します。

1. 人格形成の体験は、憲法経営⇔理念経営を打ち出した道筋

社会人になって忙しく働いていたとき、私は、後輩から「なぜ働くのか」と問われました。私自身も、「人生とは、生きるとは?」「会社とは?」「人生とは、生きるとは?」といった疑問が湧いてきました。“なぜ”を徹底的に調べた結果、自己を確立し、自分自身の人格を形成することができました。そして、大きな視野で考えることができるようになりました。すべての物事を客観的に見るようになり、周りの人に優しくなったことが大きな変化です。
「人間とは、どうあるべきか。」「社会とは、どうあるべきか。」が自分自身の中で確立しました。そして「憲法は、人間社会の夢であり希望である。」ことに気づきました。
会社を設立するにあたり、憲法経営⇔理念経営を打ち出しました。

2. 自己ミッション~より良い社会(やり方とあり方)~

会社経営を通じて、より良い社会をつくっていきたいと考え、「社会的企業」をめざしています。
平成11年に内閣府が発表した「経済社会のあるべき姿と経済新生の政策方針」の中で、個々人が「夢」に挑戦できる社会について示しています。社員が夢を描けるようにしていきたいと思います。

ミッション

調べ知ることで体験した人格形成を広め自己確立した人達と「共に成長」できる組織(社会)づくりに経済活動を通じてチャレンジしたい。

  • 《自主的で民主的な組織(社会)》
  • 『社会性・人間性』のある人格を育む

会社のミッション

  • 地域づくりの出発点は自社づくり
  • 一人一人の成長が社会の成長につながる。

自らの思考を深めて、はじめて人間として成長すると考えています。

3. 会社の思想

8つの会社思想

  1. 会社理念:(理念経営⇔憲法経営)「良道」
  2. 会社のあるべき姿(理念をわかりやすく説明)
  3. 事業目的:事業の社会的意義と価値
  4. 組織基準:仕組み作り・就業規則・キャリアアップ制度・選択制民主主義制度
  5. 行動思想:協働・共生
  6. 行動基準:仕組み作り・就業規則・キャリアアップ制度・選択制民主主義制度
  7. 社会学校:自らの思想を深める(自己確立)
  8. 一人一人の成長が社会の成長

7つの重要項目

  1. 立憲主義【平等な権利と公平な評価】(経営者がすべてを決定するのではない)
  2. 報公開【個人情報以外はすべて公開】⇒生産性の向上につながる。
  3. 意思決定プロセスの開示
  4. 業務内容に対する労働対価の明示
  5. 働き方の選択【キャリアアップ制度】選択制民主主義制度
  6. 事業計画による労使協議(事業計画をたてるときに労使が協議する。)
  7. 成長促進のための勉強会・研修

(1)選択制民主主義制度

エイチ・エス・エーでは「選択制民主主義制度」に基づき自分の働き方を自ら決め、交渉することができる仕組みを導入しています。すべての社員は、「専門職」を目指す働き方と「管理・経営職」として組織を持ち、事業の成長を支える働き方のいずれかを選ぶことができます。
労働三権「団結権・団体交渉権・団体行動権」をもち、各規定・就業規則等の改定を要求することができます。

事業計画を立案し、推進するステップは以下の通りです。(5ヵ月間)

①全スタッフが「働き方」提案シートを作成する。
②事業の管理者が、一次事業計画を作成する。
会議③部課長が、一次事業計画をもとにスタッフ会議を開催する。
④二次事業計画を作成する。
⑤部会議で二次事業計画を確認し、修正する。
⑥経営会で二次事業計画を確認し、修正する。
⑦最終事業計画を作成し、全スタッフが署名捺印する。

毎年事業計画を立案する際、以下について必ず確認しています。

  • 【企業目的】企業の社会的価値と意義
  • 【事業目的】事業の社会的価値と意義
  • 事業計画で経済的価値の確認

そのうえで、自分の仕事の社会的価値と意義を確認します。

(2)就業規則

エイチ・エス・エーは、就業規則を毎年改定しています。以下に、例をあげます。

  • スポーツクラブ無料利用
  • 歓迎会、送別会、忘年会、新年会に1人1回2,000円の補助
  • 育児時短勤務(女性が7割を超えているので、時短制度を充実させている。)
  • 休職・復職支援プラン
  • 慶弔・見舞・祝金規定(結婚、出産、成人、還暦、銀婚、永年、災害等)
  • 退職金 中小企業退職金共済+特別功労金
  • 貸付規定(住宅、学費、医療費等) 上限300万円(10万円以下金利0、10万円以上1%)

4.昇格・降格 昇給・降給-公正・公平重視

(1)昇格エントリー制

責任者になりたい人は、エントリーして、役職者基礎知識試験を受けます。不合格でも何回も受けることができます。
管理者になりたい人は、エントリーして、事業計画書を提出し、その事業で一緒に仕事をする人にプレゼンテーションします。

5. 社内自己啓発研修・勉強会

人生がより良くなるための3つのポイントは、以下の通りです。

  1. 今の自分を知る。=自立《人格形成・自己確立》
    “なぜ”をリスト化して、納得するまで自分で調べます。そうすることにより、自ら学ぶ習慣を身に付けることができます。
  2. 自己コントロール
  3. より良くなるための行動を自ら考えて実行すること

人生がより良くなるための3つのポイントのまとめ

真剣に学び、積極的にさまざまな経験をし『知識・技術・技能・人間力』を向上することこそが、より良い人生を送る為に絶対に必要なことです。
『知る』ことの喜び『出来る』ことの喜び『共に働ける』喜び、そして向上した『知識・技術・技能・人間力』を生かす喜びがより良い人生を送る糧になります。

6. まとめ

創業以来、売上げを増やしてきましたが、コロナ渦により初めて売上げが2割ほど減少しました。
「トータルライフサービス・ワンストップ2025【協働・共生】」と銘打って、中期経営計画を立てています。
従来の「総合福祉事業」から「総合生活支援事業」への変換を図っています。それに伴い、ホールディングス会社の設立、労働組合の設立、資本提携・業務提携、選択制民主主義制度の改定に取り組んでいます。
社会的企業エイチ・エス・エーのあるべき姿を以下の3つに修正しました。

  1. 地域の人たちに必要とされる会社
  2. 地域の人たちが働きたくなる会社
  3. 地域とともに一人ひとりが成長する会社